CentOS5でMariaDB10が起動しないときの対処法

忘れるといけないのでメモ。

 

仮想化されたCentOS5にMariaDBをインストールしても、起動させようとしても

Starting MySQL…………….

という画面で止まってしまう。

 

そういう時は /sbin , /usr/sbin にパスを通すと画面が止まらずにMariaDBをスタートさせることができるようだ

export PATH:/sbin:/usr/sbin

としてみて起動させることができるかテストをしてうまくいってから、/etc/profileの一番下に

と付け足した。

.bash_profileで設定してもいいかもしれないが、その場合だとユーザー1人1人に設定してあげないといけないので、全ユーザー共通のprofileで設定することにした。

 

CentOS6だと最初から /sbin, /usr/sbinにパスが通ってるみたいだけど、CentOS5には通ってないのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*