使ってるドメインを変更するためにやったこと

先日自分のサーバーでホストしているサイトのドメインを一斉に変更しました。

今までのmydnsの pgw.jp から、お名前.comで .com ドメインが安かったので.comに変更。
( 2015/1/8現在はjpドメインです。.comを.jpに置き換えてみてね )

 

独自ドメインを取ったのはいいものの、サイトにアクセスできないなどのトラブル頻発で結構変更するのが大変だったので、そのメモ。

 

1.DDNSを2つ用意する

私が愛用しているmydnsで pgw.jp を .comに修正して使えばいいやー と思っていましたが、現実はそんなに甘くなく、

mydnsで変更してしまうと、pgw.jp がついているURLがすべて使えなくなってしまうことが判明。

自サーバーでいろいろなサービスを外部公開しているため、pgw.jpでアクセスできなくなるのは非常にまずかったのです。

 

そんなわけで、mydnsは今までの設定にしておき、お名前.comのDDNSを使うことにして解決。(1つのグローバルIPアドレスに複数の名前を持たせるのはよくないと思うのだが。)

その際に、サブドメインをいっぱい登録しなくてもいいように  *(ワイルドカード) を使って登録しておきました。

 

2.Apacheの設定変更&サイトのドメイン変更&リダイレクト

①Apacheの設定変更

ドメインを変更したので、Apache の ServerNameを変更しましょう。ここの過程をわすれてたので、アクセスできないなどのトラブルが起きて大変でした。

 

②サイトのドメイン変更

自サーバーでホストしているのがWordPressが多いので、さくっと設定から変更してサイト自体のドメインを変更。

ただ変更するだけだと、古いほうのドメインからアクセスできなくなるのでサーバーのほうでリダイレクトの設定をしてやります。

 

③VirtualHostでリダイレクトの設定

今回はVirtualHostの設定ファイルでリダイレクトを設定しました。

設定自体は簡単で

と旧ドメインのところに1行追加してやるだけです。

 

④内部DNSの設定変更

外部からだとこれでいいのですが、今回のような自宅サーバーでサイトを運営している場合に内部DNSの変更もしてやる必要がありました。

DNSの場合は正引きの設定ファイルをドメイン分用意して設定し、逆引きにも設定してやるとうまくいきました。

 

3.おまけ

独自ドメインを取ったので、無料で発行できるStartSSLのSSL証明書を取得してみました。

その辺の設定などはGoogleで検索すると山のように出るのでそちらを参考にしてください。

 

4.終わりに

ドメインを変更すると、Googleなどの検索エンジンから別サイトとしてみなされるようです(当たり前っちゃ当たり前ですが。)

このブログ自体のアクセスもだいぶ減少してしまったので、対策しないといけないですね。
対策済み➡301リダイレクト

 

初めてドメインを変更するという作業を行ったので非常に大変でした。

ノウハウとかも何もなかったので効率的に作業できなかったのが残念です。次回ドメインを変更するときはトラブルなくいくといいのですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*