CentOS CUPSで Canon MP610を使う

印刷するたびにプリンタのUSBを一回ずつPCにつないで電源いれて・・・・

というのは簡単だけど面倒な作業でもあったので,「CentOSをインストールしたサーバーでプリンタサーバーを作ってしまおう」 というのが今日の内容です.

では早速構築していきます

1.CUPSの設定

こちらのWebサイトを参考にさせていただきました.

  • CUPS自体の設定

はじめての自宅サーバ構築 – Fedora/CentOS - : http://kajuhome.com/cups.shtml

  • 暗号化通信の設定

CentOSサーバー構築マニュアル : http://centos.server-manual.com/centos6_openssl.html

ここまではよかったのですが,私はcupsにアクセスしたらhttp400エラーが出てつまずきました・・・(;´д`)

 

2.プリンタの設定

CentOSには最初からMP610のドライバが入っているようですが,英語版のために日本語印刷ができませんでした.

日本語で印刷しようものなら日本語の部分がすべて □□□□□□□ のようになってしまい,これでは使いものになりません.

そこで私は,日本語のドライバをインストールすることにしました.日本語のドライバはこちらからダウンロードすることができます

3.ドライバのインストール

プリント用のドライバとスキャン用のドライバの2つがあるのですが,両方ともインストールしました.

ドライバは32bit用のものしかありませんが,一応64bitの環境でも使うことができました.

まずはプリント用のドライバから.

プリント用ドライバの共通ドライバを最初にインストールしてからMP610用のドライバというようになります.そんなわけで共通ドライバからのインストールになります.

[crayon]

rpm -ivh cnijfilter-common-2.80-1.i386.rpm

[/crayon]

するとすると

[crayon]
[root@server01 printer]# rpm -ivh cnijfilter-common-2.80-1.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
libc.so.6 は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
libc.so.6(GLIBC_2.0) は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
libc.so.6(GLIBC_2.1) は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
libc.so.6(GLIBC_2.3) は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
libcups.so.2 は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
libpopt.so.0 は cnijfilter-common-2.80-1.i386 に必要とされています
[/crayon]

これらをインストールしないと始まらないので,インストールします

[crayon]

yum -y install libc.so.6 libcups.so.2 libpopt.so.0

[/crayon]

インストールが終わったら再度

[crayon]

rpm -ivh cnijfilter-common-2.80-1.i386.rpm

[/crayon]

をするとインストールできます.

続いてはMP610用のドライバをインストール

[crayon]
rpm -ivh cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386.rpm
[/crayon]

またしても依存パッケージがないとおっしゃる・・・

[crayon]
[root@sever01 printer]# rpm -ivh cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
libatk-1.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libgdk-x11-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libgdk_pixbuf-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libglib-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libgmodule-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libgobject-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libgtk-x11-2.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libpango-1.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libpangox-1.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libpangoxft-1.0.so.0 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
libxml2.so.2 は cnijfilter-mp610series-2.80-1.i386 に必要とされています
[/crayon]

これも先ほどと同じように依存パッケージをインストール

[crayon]
yum -y install libatk-1.0.so.0 libgdk-x11-2.0.so.0 libgdk_pixbuf-2.0.so.0 libglib-2.0.so.0 libgmodule-2.0.so.0 libgobject-2.0.so.0 libpango-1.0.so.0 libpangox-1.0.so.0 libpangoxft-1.0.so.0 libxml2.so.2
[/crayon]

これで再度最初のコマンドを実行すれば完了
やっと日本語で印刷できるようになりました.
スキャナ用のドライバも同じようにやるとインストールできます.
やってる作業もコマンドもほぼこれとおなじなので割愛します.

これでやっと面倒な作業から解放されるー!

 

※追加

再度テストページを印刷したら,やはり日本語になると思われる部分が化けていました.

また,試しにMP610のドライバを削除してWindowsマシンから印刷してみたら普通に日本語印刷できてました.

CUPSのテストページ印刷がおかしかったようです.

まあなにはともあれインターネット経由で印刷できるようになってよかった


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*