CentOSにAR8161のドライバをインストールする

サーバーに使っているマザーボード内臓のNICがAtheros AR8161 Gigabitで、認識させるのに少し苦労したのでそのメモ。

 

1.環境

【OS】 CentOS 6.5

【M/B】Gigabyte  GA-Z77M-D3H

 

2.方法

Googleで検索したら、自力でドライバを適用する方法が多いようですが、そんな面倒くさいことをせずに出来ることがわかったのでその方法で。

 

①elrepoのリポジトリを追加

これについてはGoogleで検索するとすぐに出てくるので省略。

 

②kmod-alxの追加

別のPCでrpmをダウンロードしてくるか、マシンに別のNICを追加するか何かして

yumコマンドの場合

とやればドライバのインストールは完了。

rpmパッケージをダウンロードした場合はrpmコマンドでインストールしてやれば大丈夫です。

 

3.その他

私の環境では、内臓のAR8161とIntel Desktop Gigabit NICの2つを使ってbondingしているのですが、

AR8161の方がうまく動いていないようです。

bondingには向かないのですかね

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*