Starboundサーバーを CentOS 6.5で構築する

12月4日に Starbound というゲームのベータ版がリリースされました.

今回はそのマルチプレイサーバーをCentOS 64bitで作ってみたので,方法をご紹介します.

Starboundについて知りたい方はGoogleで検索するとたくさん情報が出てくるので,見てみてください.

 

では早速作っていきたいと思います.

ちなみに,64bit環境で作成したので32bitでどうやるのかはわかりません.分かり次第追記します.

以下のサイトを参考にさせていただきました.

Tutorial How-to install missing libraries for starbound_server

 

1.CentOS側にbsdiffのインストール & Starboundファイル群のアップロード

セットアップの途中でbspatchを使うので,bsdiffというパッケージをインストールします.

bsdiffについては,こちらのページを見てみてください.

逆引きUNIXコマンド/ファイルのバイナリ差分を作成・適用する(bsdiff)

インストールします.

[crayon]

$ sudo yum -y install bsdiff

[/crayon]

 

インストールが終わったら,WindowsからStarboundのフォルダをアップロードしましょう

Windowsで64bitの場合

C:Program Files (x86)SteamSteamAppscommon

にあります

 

2.Starboundサーバー本体のセットアップ

CentOSには,Starboundのサーバーに必要なライブラリがありません.したがって,外部からダウンロードしてくる必要があります.

[crayon]

$ cd /あなたの/Starboundディレクトリ/linux64

$ wget http://www.fabrik17.de/files/starbound-server-x64-libdeps.tar.gz

$ tar xvfz starbound-server-x64-libdeps.tar.gz

[/crayon]

 

これでライブラリの追加はおわりましたが,このままでは起動しません.

動かすためにさらに設定をします.海外の有志が作成してくれたPatchがあるのでそれを適用します.

 

[crayon]

$ cd /あなたの/Starboundディレクトリ/linux64

$ wget http://www.fabrik17.de/files/starbound-loader.bspatch

$ bspatch starbound_server starbound_server_patched starbound-loader.bspatch

$ chmod a+x starbound_server_patched

$ mv starbound_server starbound_server_org

$ mv starbound_server_patched starbound_server

$ cp linux_loader-dont-know-if-you-need-this/ld-linux-x86-64.so.2 /tmp/

$ chmod 755 /tmp/ld-linux-x86-64.so.2

[/crayon]

 

これで準備は整いました.

後はサーバー起動スクリプトを実行するだけです.

[crayon]

$ ./launch_starbound_server.sh

[/crayon]

 

お疲れ様でした.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*